あずけん

記事一覧(1)

大都会の真ん中で

芝生がない 田んぼもない 牧場がない 息苦しい車がうるさい 空が狭い 星が少ない でも夢があるビルの森 電車の川 自動改札 たまに引っかかる風冷たい 人が多い でもだからこそ 出会いがある人と時代の流れに呑まれ 溺れそうになりながらそれでも先へ進んでいくんだ 絶景を目指してなまらきついぜ なまら苦しいぜ なまら泣きたくなる時もあるぜでも唄っていくぜ この街中に声が響き渡るまでここに少し慣れてきたよ アルバイトも始めたよでも毎日のように怒鳴られるよ あぁ虫の声が聴きたいな人と時代の流れに呑まれ 沈みそうになりながらそれでも先へ手を伸ばすんだ 光を掴むためにてげ寂しいぜ てげ会いたいぜ てげ泣きたくなる時もあるぜでも頑張るぜ やれるところまで だから見てておくれその程度の雪で止まるな電車 鹿をひいた時は許すけど鳥の唐揚げのマヨネーズ和えを チキン南蛮とは呼ばないでお願い俺は 私は 認めないよ俺は 私は 認めないよてげ寂しいぜ てげ会いたいぜ てげ泣きたくなる時もあるぜでも頑張るぜ やれるところまで だから見てておくれてげ寂しいぜ なまら苦しいぜ あぁ泣きたくなる時もあるぜでも大丈夫 まだ唄えるよこの都会の真ん中でなんとか生きているよあずけん